アテニアクレンジングの成分は?購入前のよくある質問Q&A

アテニアクレンジングの成分や安全性に関するQ&Aです。

 

無添加?無香料?バラの香り?肌ステインって何?毒性は?など、アテニア化粧品スキンクリアクレンズオイルの気になる疑問をスッキリ解決してください!

 

 

 

 

 

 

アテニアクレンジングの全成分解析

アテニアクレンジングオイルの全成分解析です。

 

アテニアスキンクリアクレンズオイル(無香料タイプ)全成分

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル−20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、フェノキシエタノール

 

・無香料/無鉱物油/パラベンフリー/アルコールフリー
※色は天然の成分によるものです。

 

・アレルギーテスト済み/ノンコメド処方(ニキビのできにくい処方)
※すべての方にアレルギー/コメドが起きないわけではありません。

 

・ロックローズオイル/イモーテルオイル(くすみのない肌を保つエモリエント成分)/アルガンオイル(毛穴汚れ除去成分)/バオバブオイル(バリア機能補助成分)/スピーディメルティング成分を配合

 

 

アテニアスキンクリアクレンズオイル(アロマタイプ)全成分

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル−20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、アメリカネズコ木水、レモングラス油、ベルガモット果実油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、香料、フェノキシエタノール

 

・無鉱物油/パラベンフリー/アルコールフリー
※色は天然の成分によるものです。

 

・アレルギーテスト済み/ノンコメド処方(ニキビのできにくい処方)
※すべての方にアレルギー/コメドが起きないわけではありません。

 

・ロックローズオイル/イモーテルオイル(くすみのない肌を保つエモリエント成分)/アルガンオイル(毛穴汚れ除去成分)/バオバブオイル(バリア機能補助成分)/スピーディメルティング成分を配合
※アロマタイプの香りは、レモングラスやベルガモットなどの天然精油をブレンドした、新しい「リラクシングアロマ(ほのかな柑橘系アロマ)」です。

 

 

 

 

アテニアクレンジングの肌ステインって何?

アテニアクレンジングオイルの肌ステインについては、下記Q&Aで詳しく回答しています。

 

アテニアクレンジングでシミやくすみは改善できるの?

 

 

 

アテニアクレンジングは無添加なの?

アテニアクレンジングオイルは無添加ではありません。

 

ただし、無鉱物油/パラベンフリー(防腐剤不使用)/アルコールフリーなので、信頼性も高く、安心できる品質です。

 

 

 

 

アテニアクレンジングは界面活性剤を使ってる?

アテニアクレンジングオイルは界面活性剤を使っています。具体的には、

 

・ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10
・オクタイソノナン酸ポリグリセリル−20
・ヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20

 

この3つですね。

 

界面活性剤と聞くと、洗剤などをイメージして、肌に悪そうなイメージが…

 

でも、界面活性剤には数多くの種類があり、肌にとって刺激が強いものもあれば、弱いものもあります。

 

界面活性剤が化粧品(スキンケア)で使われるのは、油分と水分を混ぜ合わせるのが主な目的ですが、場合によっては、界面活性剤それ自体に洗浄力を持たせることもあります。この場合、刺激の強い界面活性剤が使われることが多いです。

 

アテニアクレンジングオイルに含まれている界面活性剤は、どれも非イオン系界面活性剤と言われる、肌への刺激が弱い種類なので、心配する必要は特にありません。

 

・エチルヘキサン酸セチル
・ジイソノナン酸BG

 

といったエステル油でメイクを浮かせ、

 

・ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10
・オクタイソノナン酸ポリグリセリル−20
・ヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20

 

といった界面活性剤でオイルと水分をなじませ、乳化して洗い流すのが、アテニアクレンジングオイルなんですね。

 

 

 

 

アテニアクレンジング、ニキビがあるけど大丈夫?

ニキビが出来てしまっているときは、念の為その箇所を避けて、アテニアクレンジングオイルを使ってください。

 

 

 

 

アテニアクレンジング、吹き出物があるけど大丈夫?

ニキビの場合と同様、吹き出物が出来てしまっているときは、念の為その箇所を避けて、アテニアクレンジングオイルを使ってください。

 

 

 

 

アテニアクレンジングはアトピーでも大丈夫?

アトピーの場合、アテニアクレンジングオイルの使用は控えてください。

 

肌に合わない成分によって、ヒリヒリ感じ、痛くなり、赤く腫れてしまう可能性もあるので。

 

ちなみに、アトピー肌でも安心して使用できるクレンジングは、ディセンシアのつつむです。

 

詳細については、公式ホームページをチェックしてください。

 

 

 

 

アテニアクレンジングは乳化したほうがいいの?

アテニアクレンジングオイルを使うとき、乳化が大切なポイントになってきます。

 

乳化の目的は、メイクを落とすためではなく、オイルとメイクを洗い流しやすくするため。つまり、乳化を行うタイミングは、洗い流す直前です。

 

しっかり乳化させずに洗い流そうとすると、オイルが水を弾いてしまい、洗い流した後でもベタつき感が残ることに…使い方の順番を間違うと、ダブル洗顔が必要になってくるんですね。

 

また、乳化は洗い流し時間の短縮にもなります。すすぎ回数が同じなら、乳化をしなかったときは、肌に白く残ってしまいますから。

 

っということで、アテニアクレンジングオイルの使い方を整理すると、

 

1.アテニアクレンジングオイルを顔全体に馴染ませる。
2.メイクがオイルに馴染んでいることを確認する。
3.少量の水を手にとり、顔の上に広げる。←洗う直前に乳化!
4.指先でクルクルとオイルと水を馴染ませていく(=乳化)。
5.オイルのテクスチャーが柔らかくなり、スルスルと指が動く感覚に変化する(=乳化)。
6.肌全体が白っぽく濁るのを確認する(=乳化)。
7.ぬるま湯で洗い流す。

 

となります。この手順だと、W洗顔が不要となり、洗い流し時間も短縮でき、なによりベタつき感が残らないんですね。^^

 

 

 

 

アテニアクレンジングの毒性は?

言わずもがなですが、アテニアクレンジングオイルに毒性のある成分は一切含まれていません。

 

 

 

アテニアクレンジングは無香料?アロマ?

アテニアクレンジングオイルには、無香料タイプとアロマタイプの2種類があります。

 

 

 

 

アテニアクレンジングの香りはバラ?ラベンダー?

アテニアクレンジングオイルの香りは、ラベンダーも含まれる、ほのかな柑橘系のリラクシングアロマです。

 

また、アットコスメメンバーとの共同開発によって誕生したバラ/ローズの香りは、数量限定商品なので、早めのチェックをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加